【貯金額2億円】てんちむ炎上前の年収は4億円!現在の収入源は?

  • URLをコピーしました!

ヤッホーみんな息してる?

ナイトブラの
誇大広告による大炎上
商品の購入者に対する返金や損害賠償など
約4億円の負債を背負い、
なにかと世間を賑わせた
てんちむ

多額の借金を背負いながらも
3つの仕事を掛け持ちし、
全ての借金を完済されました。

・現在の貯金額は2億円
・炎上前のピーク時年収は4億円

だと言われています。

その驚きの
収入源は一体何なのでしょうか?

てんちむのプロフや経歴についても
調べてみました。

スポンサーリンク
目次

てんちむは豊胸と整形手術をしている

てんちむは
豊胸手術美容整形手術
行っています。

炎上した理由は?

2020年
豊胸をしていたのに、
AカップからFカップになったと
嘘をついて、
実際は効果のない
ナイトブラやクリームを売り、
視聴者を騙して詐欺まがいの事をしました。

世の中豊胸ニーズって高いんですね!

またその事実を暴露されたLINEで、
ナイトブラを買った視聴者を
バカにするような言葉を発していたり、
日本では違法で、アメリカでは違法でない
薬物を使用していたことも書いてあり、
大炎上しました。

多くのファンを裏切ることとなり、
返金に応じる対応となりました。

2021年4月におよそ半年間
4億円のもの借金を完済したとの事です。

一般の人が一生かかっても返せないような
借金4億円を返済できる
驚くべき収入源は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

収入源①

YouTubeの広告収入

てんちむCHは
2022年6月現在

登録者数は167万人
動画の総再生回数は7億4,080万回
投稿本数1,164本

YouTubeでの総獲得金額
はおよそ1億1,300万円にものぼります。

並の芸能人以上の
人気を誇っている事が
分かりますね!

スポンサーリンク

収入源②

本の印税

「中学生失格」

「私、息してる?」

という自叙伝も出版していて
印税を得ています。

最高月収は1,500万円もあったそうです。

収入源③

Instagramの企業案件

てんちむは
Instagramの登録者数
約80万人を抱えています。

企業案件の計算方法は
登録者数×単価となっています。
ざっくりと
80万人(フォロワー数)×1円(企業案件単価)=1案件につき約80万円

月に1回の企業案件で
年間およそ1,000万円の収入となります。

スポンサーリンク

収入源④

銀座のホステス&バーレスク東京のダンサー

2020年11月から
月~金曜は「銀座クラブNanae」のホステス
土日は「バーレスク東京」でダンサー
として働いていました。

もともとてんちむは
知名度があったので

銀座のホステスでは指名No1
バーレスク東京では月収120万円

と短期間で高収入を得ていました。

なお2022年1月に
銀座クラブNanaeと
バーレスク東京は卒業しています。

てんちむ公式YouTubeより:バーレスク東京卒業

複数の収入源があり、
億単位の収入を得ている
理由が分かりますね!
最高年収も4億円あったというのも
うなずけます。

スポンサーリンク

てんちむのプロフィール

愛称:てんちむ
本名:橋本 甜歌(はしもと てんか)
生年月日:1993年11月19日(28歳)
出生地:中国北京市
出身地:栃木県足利市
身長:163㎝
血液型:AB型
学歴:中卒
職業:タレント、モデル、YouTuber

豊胸手術をしているので
バストが強調されます。

二重整形をしているので
目がパッチリしています。

何となく人工的で
作られた感じがしてしまう
のは気のせいでしょうか?

スポンサーリンク

てんちむの経歴

父親が日本人で
母親が中国出身のハーフです。

小学校1年生のときに
芸能活動をスタートします。

小学校5年生のとき
TV「天才てれびくんMAX」
レギュラー出演が決まり、
以後3年間
「てんかりん」として出演していました。

2009年から始めた
個人ブログが人気となり、
月収100万円程になった事もあったようです。

2010年にはギャル系モデルとして
ブレイクを果たしています。

2016年にYouTubeチャンネルを開設し
YouTuberとしての
活動をスタートします。

交友関係も広いですね!

スポンサーリンク

まとめ

てんちむの現在の貯金額と
気になる年収について調べてみました。

人並み外れた行動力と
メンタルの持ち主の
てんちむの今後の展開が気になりますね!

天真爛漫でスタイルの良さも
バツグンです!

気になった方は
是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次