【吐きダコ画像 】過食嘔吐のもえあずは大食いが原因で糖尿病&歯がないの?

  • URLをコピーしました!

大食いタレントとして活動する
もえあずですが
手には「吐きだこ」
あることが判明しました。

さらに

大食いが原因で
・過食嘔吐を繰り返し
・糖尿病
・歯抜け

の症状も抱えているようです。

そんな
もえあずの
過酷な大食いの実態を
調べてみました。

スポンサーリンク
目次

もえあずの吐きダコ画像

もえあず童顔で可愛いですね!

Instagramの画像では
撮り方の角度や
加工されているせいか
吐きダコは
確認できませんが、

過去の画像では
手の甲に吐きダコが確認できます。

吐きダコとは?

吐きダコとは
嘔吐を繰り返すことで
手に出来る「たこ」のことです。
慢性的な局部的圧力や
刺激から守るため部分的に
角質が厚くなったものです。

吐きだこも慢性的な嘔吐により、
手の甲や指に歯が当たる
ことでできます。

吐きだこ事例

もえあずの画像にも同様の
吐きダコが確認できますね!

自己誘発嘔吐とは?

自己誘発嘔吐は、
過食の後や、
過食とは関係のない
通常の食事の後に起きることがあります。

理由としては

・満腹感に伴う不快感を避けるため、
・胃を空っぽにするため、
・気分を調整するため
 (吐いた後に解放感を得る)、
・自分を罰するため

などさまざまです。

もえあずも爆食をするため、
食べたあとは
嘔吐することで吐きダコが
できています。

もえあずは過食症?

過食症は嘔吐を繰り返すため,

口腔内が頻繁に食渣や胃酸に

さらされることになり,

歯の脱灰, 実質欠損

きたすことが報告されています。

日本心身医学会HPより引用

もえあずと検索すると
サジェストで
歯がないと出てきます。

歯がないもえあず

もえあずも
歯がない(欠損)画像があるので
過食症の症状を
抱えているのかもしれません。

スポンサーリンク

過食は糖尿病のリスクが大!

過食などの摂食障害は、
先進国の特に若い女性の間で、
頻度の高いこころの病気です。

糖尿病でない人に比べて、
若い糖尿病女性に
摂食障害の頻度は
さらに高いと言われています。

1型糖尿病の若い女性の
約1割が摂食障害であり、
食事や体重に重大な問題を抱えた方を
含めると約3割になるそうです

もえあずも大食いを
このまま続けていると
糖尿病を発症するリスクが
かなり高くなると思われます。

スポンサーリンク

もえあずのプロフィール

愛称:もえのあずき(もえあず)
本名:さかきばら あずさ
生年月日:1988年2月1日(34歳)
出身地:大阪府
血液型:B型
身長:153㎝
学歴:同志社大学経済学部卒
職業:アイドル「エラバレシ」、大食いタレント、YouTuber

関西私大の雄
同志社大学
卒業している才女です。

童顔なので若くみえますが、
年齢は意外にも34歳です。

153㎝と小柄でスリム体型なので
爆食するようには
とても外見からは見えません。

スポンサーリンク

大食いYouTuberとしての活動

2019年3月25日に
YouTubeちぇんねる
「もえのあずき」を開設。
主に大食い動画を投稿しています。

2022年6月現在
チャンネル登録者数78.5万人
を抱える人気YouTuberです。
動画投稿数は326本にのぼります。

もえのあずき公式YouTubeサイトより

動画総再生回数は
なんと!
およそ2億回近くもあり、
1つの動画で
100万回以上視聴されている
動画がいくつもあります。

動画視聴者の8割以上が
女性だと言われています。

動画では毎回
信じられないくらいの
量を食べ尽くしています。

小柄で細い身体なのに
驚くべき量を食べれる胃袋は
一体どうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

阪神タイガース「みんなで六甲おろし2022」7月出演!

「六甲おろし」を阪神タイガースファンの
著名人達が月がわりで歌う
「みんなで六甲おろし」
2022年7月のメンバーに

大食いアイドルのもえあず
ミュージシャンで俳優の岡崎体育
歌舞伎俳優の尾上右近

の3人が登場する事が決定しました!

7月5日の広島戦(甲子園球場)から
放映がスタートされます。

スポンサーリンク

まとめ

大食いアイドルとして
人気のもえあず。

しかしながら、

大食いは
色んな病気のリスクを抱えているので
今後大食いがずっと継続できるかは
体調面から不安なところですね。

アイドルとしての活動も
されているので、
健康面から
行く行くはタレント活動に軸足を
移される可能性もあります。

もえあずの健康と
今後の活躍に期待したいですね!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次