【顔画像】田代政弘のWiki経歴と評判がヤバすぎた!陸山会の不祥事とは?

2024年1月22日、ダウンタウンの松本人志が性加害の告発スクープを報じた「週刊文春」発行元の文藝春秋と週刊文春編集長対して、約5億5000万円の損害賠償などを求める訴訟を提起しました。

今回の訴訟で、松本人志の代理人を務めるのは八重洲総合法律事務所の田代政弘弁護士です。

田代政弘弁護士とはど一体のような人物なのでしょうか?

田代政弘弁護士のWikiプロフ、経歴、評判について調べてみました。

目次
     スポンサーリンク           

松本人志が文藝春秋ほか1名を提訴

2024年1月22日、ダウンタウンの松本人志が性加害の告発スクープを報じた「週刊文春」発行元の文藝春秋と週刊文春編集長に対して、約5億5000万円の損害賠償などを求める訴訟を提起しました。

当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します。
本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます。
以下、松本人志の代理人によるコメント全文を記載いたします。

提訴のお知らせ
本日、松本人志氏は、株式会社文藝春秋ほか1名に対して、令和5年12月27日発売の週刊文春に掲載された記事(インターネットに掲載されている分も含む)に関し、名誉毀損に基づく損害賠償請求及び訂正記事による名誉回復請求を求める訴訟を提起いたしました。

今後、裁判において、記事に記載されているような性的行為やそれらを強要した事実はなく、およそ「性加害」に該当するような事実はないということを明確に主張し立証してまいりたいと考えております。
関係者の皆様方にはご心配・ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

松本人志氏 代理人
八重洲総合法律事務所
弁護士 田代政弘

吉本興業HPより引用

松本人志の代理人を務める田代政弘弁護士とはどのような人物なのでしょうか?

【顔画像】田代政弘弁護士のプロフィールe

スポンサーリンク
田代政弘弁護士のプロフィール

名前:田代 政弘(たしろ まさひろ)
生年月日:1967年1月
年齢:57歳(2024年1月現在)
学歴:早稲田大学社会科学部卒
職業:弁護士・税理士(元検察官)
所属:八重洲総合法律事務所

田代政弘弁護士は元検察官で、現在は弁護士および税理士です。


高校、大学時代を通じて硬式野球部に所属し、六大学野球では神宮球場などで奮闘していました。
検事時代も、日々野球のトレーニングを欠かさず行い、検事野球部に所属し法曹野球で優勝しています。

現在は八重洲総合法律事務所に勤務しています。

八重洲総合法律事務所
住所:東京都千代田区有楽町1丁目7−1有楽町電気ビルヂング南館15階1559区
最寄駅:JR有楽町駅 日比谷口(徒歩1分) 

有楽町駅に近い好立地な場所に事務所を構えています。

日本プロ野球選手会公認代理人として、プロ野球選手の年俸交渉等にも携わっているようです。

スポンサーリンク

田代政弘弁護士の学歴

田代政弘弁護士は早稲田大学社会科学部卒、早稲田大学野球部出身の高学歴エリートです。

1985年3月:国学院大学久我山高等学校卒業
1985年4月:早稲田大学社会科学部入学
1990年3月:早稲田大学社会科学部卒業
1995年10月:司法試験合格
1996年4月:最高裁判所司法研修所入所
1998年4月:最高裁判所司法研修所修了

高校は国学院大学久我山高等学校を卒業しています。
偏差値71の全国でも有数の難関高校です。

出典:みんなの高校情報

名門早稲田大学出身で社会科学部は偏差値67.5です。

出典:みんなの大学情報

最難関資格の司法試験に1995年10月合格している秀才です。

スポンサーリンク

田代政弘弁護士の職歴

田代政弘弁護士は輝かしい経歴(職歴)を持っています。

1998年4月:検察官検事に任官(東京地方検察庁検事)
1998年6月:横浜地方検察庁検事
1999年4月:甲府地方検察庁検事
2001年4月:東京地方検察庁検事
2002年4月:東京地方検察庁八王子支部検事
2003年4月:横浜地方検察庁小田原支部検事
2005年4月:東京地方検察庁検事
2006年4月:金融庁証券取引等監視委員会に出向
2009年4月:東京地方検察庁検事
2011年4月:新潟地方検察庁検事
2012年4月:東京地方検察庁検事兼法務総合研究所教官
2012年6月:検察官検事を退官
2012年10月:三菱化学メディエンス㈱(現㈱LSIメディエンス)入社
2014年9月:㈱LSIメディエンス退社
2014年10月:日本弁護士連合会弁護士登録(東京弁護士会所属)
2014年10月:八重洲総合法律事務所入所
2015年2月:日本税理士会連合会税理士登録(東京税理士会麹町支部所属)
2016年4月:東京都高校野球OB連盟理事就任
2016年10月:一般財団法人ILFJ監事就任

検事や弁護士の要職を歴任しています。

スポンサーリンク

陸山会事件で検察官を辞職

田代政弘弁護士は東京地方検察庁特別捜査部勤務時代、陸山会事件の捜査で、当時容疑者だった石川知裕の捜査報告書に虚偽の記載をしたとして、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」から虚偽公文書作成及び行使罪で告発されました。

2012年6月27日付けで、刑事処分としては不起訴となりました。

当時の法務大臣は田代政弘を減給100分の20(減給6ヶ月)の懲戒処分としました。

この処分に伴い、田代政弘は同日付で検事を辞職しました。

いわゆるヤメ検弁護士としての道を歩ことになりました。

陸山会事件とは、小沢一郎の資金管理団体「陸山会」を巡る事件です。

民事訴訟:小沢一郎の資金管理団体「陸山会」について、週刊誌「週刊現代」が蓄財疑惑を報じました。それに対して小沢一郎が名誉毀損で損害賠償訴訟を起こし、民事訴訟となりました。
民事訴訟では小沢一郎は敗訴しました。

刑事訴訟:2009年11月市民団体は、陸山会が東京都世田谷の土地を2004年に購入した際に、小沢一郎の秘書3人が政治収支報告書に虚偽記載をしたとして、政治資金規正法違反容疑で告発しました。
刑事訴訟では小沢一郎は無罪。小沢一郎の元秘書3人は政治資金規正法違反(虚偽記載)で有罪となりました。いずれも執行猶予付きの禁錮刑が確定しています。

スポンサーリンク

田代政弘弁護士に対するSNSの声

松本人志の代理人を務める田代政弘弁護士に対するSNS上の声です。

陸山会に関わる事件で虚偽記載をしたことで有名なので、SNS上では評判がよろしくありません。

八重洲総合法律事務所の評価が2.5で微妙だとする声も挙がっています。

スポーツ関連業務には携わっているものの、芸能関係には強くないのではないかという声も上がっています。

過去の陸山会事件の関与もあったものの、法律家としてのキャリアは極めて優秀で、今回の松本人志の難解な訴訟を引き受けるなど、田代政弘の弁護士としての力量が今後試される展開となりそうです。

スポンサーリンク

田代政弘のWiki経歴と評判がヤバすぎる!陸山会の不祥事まとめ

2024年1月22日、ダウンタウンの松本人志が性加害の告発スクープを報じた「週刊文春」発行元の文藝春秋などに対して、約5億5000万円の損害賠償などを求める訴訟を提起しました。

今回の訴訟で、松本人志の代理人を務めるのは八重洲総合法律事務所の田代政弘弁護士です。

気になる、田代政弘弁護士のWikiプロフ、経歴、評判について調べてみました。

・早稲田大学社会科学部卒のエリート
・現在は弁護士・税理士として活躍
・陸山会事件で検察官を辞職した過去も

松本人志の今後の訴訟の動向が気になりますね!

新たな情報が入り次第、追記したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次